土日はカードローンを利用する事が出来るか?

多くの企業は土日は休みとなるのでカードローンについても同じように休みとなり、審査に申込む事が出来ないのではないかという心配をする人もいます。
銀行のカードローンの中には土日は対応していないカードローンもたしかにありますが、少なくとも大手の消費者金融のカードローンならば営業をしています。
そのために土日の休みの時間がある時に申込をしたいという人でも対応可能です。
ただし、土日と平日では全く同じようにはいかない面もあるので注意は必要です。
そのうちの一つが職場の在籍確認の電話についてです。
カードローンの審査を受ける場合は本当に勤務しているのかを確認するために、一般的には在籍確認のために職場へ電話をします。
しかし、土日の場合は休みであるが故に電話に出られなくて在籍確認をする事が出来ないという事もあります。
そのような場合は事前に相談をする事である程度は柔軟に対応してくれるケースもあります。
例えば、電話に出る人がいないという事を相談すれば後日在籍確認を行うという事で、少額の融資ならば一時的に認めてくれる場合もあります。
また、職場への電話の代わりに職場に在籍している事が分かる給与明細書などを提出する事で済ませるという場合もあります。
その他に気をつけるべき事としては当日すぐに融資を受けたいという場合です。
無人契約機に行って契約するのであれば、その場で直接カードを発行してもらい、その後にATMを利用して借入すれば良いのですが、インターネットの場合は注意しなければならないです。
インターネットの場合だとカードをすぐにその場で受け取るという訳には行かず、しかも銀行振込では休み明けにならないと振り込まれないです。
つまり、必然的に無人契約機まで行ってカードを発行してもらわなくてはならなくなるのです。
審査の申し込み時間があまりギリギリになると、無人契約機まで行ってカードを発行してもらうために移動する間に、営業時間を過ぎてしまうという事も考えられるので、時間には余裕を持って行動した方が良いです。
なお、一部のカードローンでは土日であっても直ぐに振り込みをしてもらえるケースも存在していますが、そうした対応をしているカードローンは限られている上にどこの銀行口座であったとしてもすぐに振り込んでもらえるわけでは無く、特定の銀行口座を所有していることが条件となります。
急いでいる場合だとこれから口座を作って入金してもらうという訳にもいかないですが、もしも対応している口座がある場合は銀行振込でも借りる事が可能であるので、気になる場合は調べてみると良いです。

手軽に使えるおすすめのカードローンはプロミスです

資金的に困難な状況に追い込まれたときに、頼りになる存在として消費者金融のカードローンがあります。

消費者金融のカードローンであれば、申込みや審査に手間がかかりませんので、早ければ1時間ほどで融資を受けられるサービスとして人気があります。安心して利用するためにはある程度の知名度のある消費者金融を選んでおくことがおすすめで、大手のほうが利便性の面でも優れています。

おすすめできる人気のカードローンはプロミスで、日本中の様々な地域に店舗や自動契約機が設置されていますので、借り入れ契約を手軽に行えるメリットがあります。

来店することで申込みをしてから40~60分ほどで審査は完了しますので、融資を受けられるかどうかの判断の結果が出ます。審査に通過することができればすぐに契約を結べますので、その場でカードを受け取ることが可能です。

カードがあれば自動契約機や提携しているコンビニや銀行のATMを使って、借り入れや返済ができるようになります。

プロミスのカードローンの申込みをするには、年齢が満20歳以上から69歳までの人で職業形態は問われません。毎月一定の収入を得ている人であれば、正社員でなくてもアルバイトやパート、自営業者、学生、主婦などの人が利用できるカードローンとなります。

様々な職業の人が審査を通過できるカードローンとしておすすめで、近所に自動契約機や店舗がないときには、インターネット上で手続きを済ませることもできます。

スマートフォンや携帯電話を使ってプロミスのホームページにログインすることで、申込みや契約、振込融資の依頼の手続きを完了できます。すべての作業をインターネット上で済ませてしまえば、来店しなくてもカードローンを使えますので、店舗まで行く手間をかけたくない人におすすめです。

ネット上で振込融資の方法を選択すれば、手数料が無料になる点もおすすめのポイントです。書類の提出もスマートフォンのアプリを使って、書類の写真を撮影しておけば画像をアプリに添付して送信するだけで提出ができます。

50万円以下の融資を希望していれば、収入証明書の提出は求められませんので、書類の準備を省きたい人であれば少額融資を希望すると良いでしょう。

振込融資に使う金融機関の口座として、三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定しておけば、24時間いつでも即日融資を受けることが可能となります。休日や深夜であっても手間なく簡単に即日融資を受けたいときに、おすすめできるカードローンと言えます。

カードローンはアルバイトでも借りられる

カードローンはアルバイトのように収入が不安定だと借りられないと思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはなく利用をすること自体は可能です。
確かに正規雇用と比較をしてアルバイトの立場では、カードローンの審査が通りにくくなってしまうこともありますがその人の経済状況などを鑑みて融資ができるかどうかを判断してくれますから、アルバイトだからといって借りることができないということはないのです。

いくら借りることができるかというのはカードローン会社の考え方次第なので、必ずしも希望額を借りることができるとは限りませんが、少額の生活費程度であれば問題なく借りることができると思っても問題ありません。
ただし、それはあくまでもアルバイトといってもある程度安定した収入があって返済に無理のない金額の範囲であり、収入が極端に不安定だったり、あるいはすでに別の場所で借金をしているというような状況だと融資を受けることができないこともあるので覚えておきましょう。
基本的にカードローンというのは相手に返済能力があるかどうかということで判断をされているわけですから、返済できるのであれば雇用形態など問わず、アルバイトであってもお金を借りることができます。
逆に返済能力がないとみなされてしまえば、安定した収入がある正規雇用であっても借りられないということが起こりうるのです。

雇用形態が審査に大きく影響するのは間違いありませんから、収入も不安定でしかもつい最近はじめたばかりとなれば融資を受けることができない可能性は高いものの、非正規雇用であってもそれが数年も続いているものであればいきなり仕事がなくなってしまうという可能性は少ないものですから、収入範囲内でこのぐらいの金額まで貸しても大丈夫だとカードローン会社が判断をすればその範囲内で融資を受けることは可能となっています。

そのため、どうしてもお金が必要になって周りからも借りることができる人が見つからないというときには、一度カードローンに頼ってみるというのも良いでしょう。
どのような人であっても安定した収入があれば融資を受けることができるというのが大きな利点となっていますから、雇用が安定しないアルバイトのような人ほど便利に利用できるものであるため非正規雇用だから融資を受けることができないと思うのではなく、状況次第では融資が受けられるということを覚えておくと便利です。

カードローンの即日融資を実現するための方法

ここ数年テレビコマーシャルで見かけることも増え、より身近なサービスとなってきました。すでに利用している人も多く、より便利にカードローンを活用できる時代となっています。

そんなカードローンを始めて利用する人の中には、すぐにでも現金が必要なケースから、即日融資を希望する人も多い事でしょう。すぐにでもお金が必要な場合に、このカードローンは大いに活用が出来ますので、是非一度活用を検討して見てはいかがでしょうか。

しかし、各金融機関によって即日融資 カードローンが可能なケースと、不可能なケースがありますので、事前にホームページ等で確認をしておくと良いでしょう。即日融資には、その日に審査の申請をし、審査を通過、そして入金という流れとなり、特に審査に関しては即日に完了が出来ないことも考えられます。

そのため、審査を通過するための準備をしっかりと整えておき、出来るだけ時間がかからない様、スムーズに審査を進められる様に心がけましょう。

まず審査の申請に関しては、インターネットから簡単に申請が可能であり、中には実際に金融機関によるカードローンを申し込むための専用機械でも申請は可能です。この機械を使用すると、申請中に不明点がある場合、すぐ近くに電話の受話器が設置されていることが多く、直接金融機関の担当者へ質問する事が可能となっています。

つまり、不明点があればすぐに解決できる環境にあることを意味します。申請が終了すると、申請内容に沿って審査が進んでいきます。

この審査が完了しなければ、融資を受けることが出来ませんので、審査の結果を待ちましょう。もしさらに追加が必要な情報や入力項目のミスなどがあれば金融機関から連絡がきますので、その際には早急に対応する事をお勧めします。審査結果を電話かメールにて受け取った後は、借り入れの手配を進める事となります。

まだ手元に融資に利用するためのカードがない場合は、指定の口座へ振込み依頼をすると、指定の口座にて現金を受け取ることが出来るでしょう。しかし、銀行には営業時間があり、時間帯によっては振込みが間ない合わないケースも考えられますので、事前に注意が必要です。

この様に即日融資を実現するためには、まずスムーズに申請を行うことが重要であり、申請内容に不備があってはいけません。提出が必要な書類なども事前に準備しておき、インターネット経由での申請であれば事前にスキャンしたデータを持っておくとよりスムーズに進める事が出来るでしょう。

カードローンの審査で重要な意味を持つ勤め先の確認

カードローンの審査の流れの中で多くの人が気にする項目として勤め先の在籍確認の電話があります。銀行のカードローンでも消費者金融でも申し込み時に申告した勤め先に電話をかけて実際に勤務してるかどうかの確認は必須項目となります。まれに銀行カードローンでは普通預金口座が給料の振り込み口座に指定されていたりすることで、信用も高い状態ならば、電話確認が省略される可能性が無いわけでもありませんが、ほとんどの場合は勤め先に電話連絡が入ることになります。

カードローンの会社がなぜ確認電話を行うのかと言うと、実際に申し込みをしているのが間違いなく本人なのか、そして申告した勤め先の会社に本当に在籍しているのか、つまりは申告内容に嘘がないかを確認するためです。
中には在籍確認なしで審査をしてもらえるサービスを利用したいと思う人もいるようですが、在籍確認なしでは申込み者の返済能力を正しく評価することはできませんので、どの会社でも必ず行われます。逆に不自然に審査が甘い会社があるとすれば、悪質な業者の可能性もあります。仮に在籍確認不要で借り入れ可能などとアピールしている業者があったとしても、利用を避けた方がよいでしょう。

勤め先に電話がかかってくるのならばカードローンの申し込み自体をやめようかなどと考えてしまう人もいるかもしれませんが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。在籍確認の連絡ではカードローンの会社名を名乗る事はほとんど考えられませんし、「ローンのための確認電話です」などと用件を言う事もありません。通常は審査担当者の個人名で連絡が入り、申込み者と電話を交代するように伝えるなどの方法で確認が取られることになります。
クレジットカードを作るときも似たような流れの在籍確認がありますが、職場で電話を受けた人はクレジットカードの確認なのかカードローンの確認なのかわからないはずです。在籍確認の電話が原因で会社の人にカードローンの審査を受けているのが知られてしまう心配はありません。

とはいえ、勤め先の事情で電話での在籍確認がしづらい特別な事情があるときは、消費者金融のサービスを利用すれば給与明細や社会保険証など勤務実態の確認にも使える書類を提出することで、電話連絡なしで在籍確認をすることができる場合もあります。消費者金融の中から興味のある会社を選んで、書類での在籍確認ができるかどうか、申し込みの流れの説明を確認してみるのをおすすめします。

カードローンで申し込み当日に借入する時の注意

カードローンに申込をする際にはある程度時間に余裕があればそこまで急いで借りる必要はないですが、中には申し込み当日にお金を借りる事が出来なければ困るという場合もあります。
そのような場合に注意すべき事についてここではお話をします。
まず、そもそも当日に審査を行ってくれてかつ融資も可能であるかどうかを確認する事が大切です。
大手の消費者金融のカードローンであればまず対応していますが、例えば銀行の場合は即日融資に対応していない場合や審査に時間が掛かる場合もあるので注意が必要です。
ただ、対応していればそれで安心という訳では無く、対応可能な時間は何時なのかについても重要です。
最近ではインターネット上からならば24時間いつでも申し込みが可能となっていますが、それとすぐに審査をしたり融資をするのは別の話であり、深夜や早朝だとすぐに借りる事が出来る訳では無いです。
銀行のカードローンだと申込先によって条件がかなり違うので、ある程度条件が似ている大手消費者金融のカードローンについてのみここではお話をしますので、以下はその事を前提に見て下さい。
まず、当日審査や融資を受けるためには営業時間内に手続きを済ませる必要があり、大体21時頃までが目安と考えておくと良いです。
また、審査には最短30分の場合もありますが、多少時間に余裕を持って1時間程度かかるとみておいた方が良いです。
審査時間については以上の事に注意した上で申し込みをすれば良いのですが、融資を受ける事も含めて考える場合はもう少し条件があります。
まず、借入方法には主に銀行振込とATMからの借入の二つがあるのですが、銀行振込の場合は平日15時までしか対応していないので、原則はそれに間に合わせるように手続きをする必要があります。
審査申し込みは14時までに行わないと間に合わず、振込手続きについては15時より少し前までに行う必要があります。
それでは平日でも14時を過ぎて振り込みが間に合わない場合やそもそも振り込みに対応していない土日や祝日の場合はどうなるのかというと、その場合はもう一つのATMからの借入をする必要があります。
ATM自体はコンビニなどにも設置されている上に比較的遅い時間も対応しているのですが、問題はATMを利用するためのカードの発行となります。
カード発行を急がないのであれば郵送してもらう事も可能ですが、当日に利用するためには直接カードを発行してもらって受け取らなくてはならないです。
そのために無人契約機に行く必要があり、無人契約機が営業している時間はその場所によっても異なりますが、大体21時から22時頃までとなっています。