カードローンはアルバイトでも借りられる

カードローンはアルバイトのように収入が不安定だと借りられないと思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはなく利用をすること自体は可能です。
確かに正規雇用と比較をしてアルバイトの立場では、カードローンの審査が通りにくくなってしまうこともありますがその人の経済状況などを鑑みて融資ができるかどうかを判断してくれますから、アルバイトだからといって借りることができないということはないのです。

いくら借りることができるかというのはカードローン会社の考え方次第なので、必ずしも希望額を借りることができるとは限りませんが、少額の生活費程度であれば問題なく借りることができると思っても問題ありません。
ただし、それはあくまでもアルバイトといってもある程度安定した収入があって返済に無理のない金額の範囲であり、収入が極端に不安定だったり、あるいはすでに別の場所で借金をしているというような状況だと融資を受けることができないこともあるので覚えておきましょう。
基本的にカードローンというのは相手に返済能力があるかどうかということで判断をされているわけですから、返済できるのであれば雇用形態など問わず、アルバイトであってもお金を借りることができます。
逆に返済能力がないとみなされてしまえば、安定した収入がある正規雇用であっても借りられないということが起こりうるのです。

雇用形態が審査に大きく影響するのは間違いありませんから、収入も不安定でしかもつい最近はじめたばかりとなれば融資を受けることができない可能性は高いものの、非正規雇用であってもそれが数年も続いているものであればいきなり仕事がなくなってしまうという可能性は少ないものですから、収入範囲内でこのぐらいの金額まで貸しても大丈夫だとカードローン会社が判断をすればその範囲内で融資を受けることは可能となっています。

そのため、どうしてもお金が必要になって周りからも借りることができる人が見つからないというときには、一度カードローンに頼ってみるというのも良いでしょう。
どのような人であっても安定した収入があれば融資を受けることができるというのが大きな利点となっていますから、雇用が安定しないアルバイトのような人ほど便利に利用できるものであるため非正規雇用だから融資を受けることができないと思うのではなく、状況次第では融資が受けられるということを覚えておくと便利です。