カードローンの審査で重要な意味を持つ勤め先の確認

カードローンの審査の流れの中で多くの人が気にする項目として勤め先の在籍確認の電話があります。銀行のカードローンでも消費者金融でも申し込み時に申告した勤め先に電話をかけて実際に勤務してるかどうかの確認は必須項目となります。まれに銀行カードローンでは普通預金口座が給料の振り込み口座に指定されていたりすることで、信用も高い状態ならば、電話確認が省略される可能性が無いわけでもありませんが、ほとんどの場合は勤め先に電話連絡が入ることになります。

カードローンの会社がなぜ確認電話を行うのかと言うと、実際に申し込みをしているのが間違いなく本人なのか、そして申告した勤め先の会社に本当に在籍しているのか、つまりは申告内容に嘘がないかを確認するためです。
中には在籍確認なしで審査をしてもらえるサービスを利用したいと思う人もいるようですが、在籍確認なしでは申込み者の返済能力を正しく評価することはできませんので、どの会社でも必ず行われます。逆に不自然に審査が甘い会社があるとすれば、悪質な業者の可能性もあります。仮に在籍確認不要で借り入れ可能などとアピールしている業者があったとしても、利用を避けた方がよいでしょう。

勤め先に電話がかかってくるのならばカードローンの申し込み自体をやめようかなどと考えてしまう人もいるかもしれませんが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。在籍確認の連絡ではカードローンの会社名を名乗る事はほとんど考えられませんし、「ローンのための確認電話です」などと用件を言う事もありません。通常は審査担当者の個人名で連絡が入り、申込み者と電話を交代するように伝えるなどの方法で確認が取られることになります。
クレジットカードを作るときも似たような流れの在籍確認がありますが、職場で電話を受けた人はクレジットカードの確認なのかカードローンの確認なのかわからないはずです。在籍確認の電話が原因で会社の人にカードローンの審査を受けているのが知られてしまう心配はありません。

とはいえ、勤め先の事情で電話での在籍確認がしづらい特別な事情があるときは、消費者金融のサービスを利用すれば給与明細や社会保険証など勤務実態の確認にも使える書類を提出することで、電話連絡なしで在籍確認をすることができる場合もあります。消費者金融の中から興味のある会社を選んで、書類での在籍確認ができるかどうか、申し込みの流れの説明を確認してみるのをおすすめします。